DISCOGRAPHY
CRAZYBOY - NEOTOKYO IV EP

[Track List]

  • PRIVATE PARTY
  • LOCO (feat. THE BACKCOURT)
  • U.N.I. (You & I)
  • Double Play Remix (feat. EXILE SHOKICHI)
[DIGITAL ONLY]
デジタル・ミニアルバム
価格:¥900(税別)
発売日:2018.04.27
3代目J SOUL BROTHERSのパフォーマーELLYのソロプロジェクト名義CRAZYBOYの4枚目となる作品『NEOTOKYO IV EP』にマット・キャブとTOMAによるプロデュースデュオ “THE BACKCOURT”が参加!

リードソングでもある1曲目「PRIVATE PARTY」にはプロデュースで参加!
曲始まりから鳴り響くシンセサイザー、そしてサビの重厚なサブベースとトラップビートにCRAZYBOYが全英語歌詞で独特なフロウを乗せた、まさにパーティーのように盛り上がれる楽曲。
そして2曲目「LOCO (Feat. THE BACKCOURT)」では客演で参加!
スペイン語で”LOCO”は“CRAZY”という意味で、女性への求愛をエモーショナルかつクールに表現したパワフルな楽曲。

<THE BACKCOURT プロフィール>
代表曲「Love Story」をはじめとする数々の名曲を世に送り出し、プロデューサーとしては防弾少年団やCrystal Kay、DOBERMAN INFINITYなどへの楽曲提供を行うMatt Cab(マット・キャブ)と赤西仁やCRAZYBOYなどの作詞やボーカルディレクションなどを務めるTOMA(トーマ)によるプロデュースデュオ。
2017年の年末、とあるセッションをきっかけに意気投合し、そこから二人で楽曲制作を開始。二人ともバスケットボール経験者でプロデュース(裏方)をメインに行うということから、バスケでセンターラインより後ろ、つまりディフェンスサイドを意味する“バックコート”という言葉を用いて、”THE BACKCOURT”(ザ・バックコート)という名義で活動を開始。
洋楽サウンド、バイブスがふんだんに織り込まれた唯一無二のサウンドが特徴的。
CATEGORY

PAGE TOPへ