BIOGRAPHY
 
1
Matt Cab (マット・キャブ)
サンフランシスコ出身、日本で活動する音楽プロデューサーMatt Cab。

英語で歌うJ-POPカバー動画がYouTubeで話題となり、2010年に1st Album『The One』をリリースし、2013年には『ONGAKU』でメジャーデビュー。
透き通った歌声を武器にシンガーとして活動し、代表曲の「LOVE STORY」は今でもブライダルソングとして毎年チャートインしている。iTunes R&Bチャートでは7度も1位を獲得し確固たる地位を確立している。

近年は音楽プロデューサーとして積極的に活動しており、BTS、JP THE WAVY、CRAZYBOY、YOSHI、Crystal Kay feat . 安室奈美恵「REVOLUTION」、和田アキ子『WADASOUL』、RADWIMPS『天気の子 Complete Version』英訳等、抜群の音楽センスと独特なグルーブ感のサウンドで、HIPHOP/R&Bだけでなく幅広いジャンルのアーティストへ楽曲を提供している。

YouTube Music Awardsの「世界のクリエイター50人」に日本から唯一選出され、ニューヨークで開催されたアワードにも出演。2020年には、アリシア・キースが全世界で開催したリミックス・コンテストでグランプリを獲得し、アリシア本人からクラミー賞に招待されるなど、活躍の場を世界に拡げた。

”PLAY SOUND”と名付けた自身のニュープロジェクトでは、街に溢れる音やアニメの効果音をサンプリングしてビートを新たに構築し、TikTokなどSNSで投稿すると大きなBUZZを生み出し話題となっている。

今後より一層活躍の場を拡げたMatt Cabの唯一無二の音楽に注目が集まる。

YouTube: http://www.youtube.com/mattcabtv
twitter: http://www.twitter.com/mattcab
Facebook: http://www.facebook.com/mattcabmusic
Instagram: https://www.instagram.com/therealmattcab/

PAGE TOPへ